アメリカ農務省が、新型コロナウイルスによって影響を受けている農産物の生産者に対して、CFAP (Coronavirus Food Assistance Program)という制度を用いて2兆円にも救済資金を提供するというものです。$6.20 Per CWT ということですので、かなりの金額になるのではないでしょうか。上限が25万ドルというようにリミットはついていますが、アメリカは財政出動規模のレベルが日本とは大きく違うのを改めて目の当たりにしました。

単位についておさらいしますが、cwtは重さの単位で、ハンドレッドウェイト(hundredweight)を表しています。100倍の重さという意味で、1ポンドの100倍、つまり100ポンドを表しています。アメリカでは1ポンドはおよそ450gで計算しますので、およぼ45,000gつまり45kgになります。牛乳45Kgあたり$6.2ドルの給付ということになるかと思います。

アメリカで使う数量の単位は慣れないとイメージするのにすごく時間がかかります。日本の単位に慣れて生活してくると、どうしてもキロやリットルに直して考えないとイメージがつきません。訓練が必要ですね。

https://www.dairyherd.com/article/dairy-producers-receive-620-cwt-aid-payments?fbclid=IwAR2i4lHidy89oYtXDX25s9MsLgc7OSCNQ0fOIP1pwp6fr3dMZEc7G91M80M

カテゴリー: Dairy Industory

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です