オランダのヴァーヘニンゲン大学の研究によると、乳房炎による(治療等の)コストは1等あたり年間$260に上り、336キロの搾乳量の減少を招いている。

カナダの研究機関による報告では、疾患を抱えた牛は、1日あたりの搾乳量が1.7キロの減少する。

– Wageningen University in the Netherlands calculated that mastitis is costing a farmer € 240 (US$ 260) per lactating cow per year and can result in a loss of 336 kilogram (741 pounds) of milk.

– Canadian research showed that lame cows produce around 1.7 kilogram (3.7 pounds) milk less per day.

乳牛の乳房炎を防ぐことや、体調管理をしっかりしなければならないことはわかりきったことではありますが、いざ数値にして示されるとやはり大きなことであると実感出来ます。こちらの記事は、クラウド型の牛群管理システムのソフトウェアを提供しているオランダに本拠地を構える会社の記事ですが、アメリカではこのようなクラウド型の管理システムを導入する牧場もかなり増えてきました。日本でも確か帯広の方で同様のコンセプトのサービスを提供する会社があったかと思います。以前は、酪農家の経験によって管理されていたものが今後は数値化されて、より徹底的に管理されていくのが主流になっていくのでしょう。

カテゴリー: New Technology

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です